查字典logo
当前位置:查字典>>在线翻译>>大義親を滅す

大義親を滅す

  時は春秋、周の桓王の元年、魯の隱公の四年のことである。

  衛国では、公子州吁が主君桓公を弑して立った。先君荘公の時代から、かれは桓公に対して不平の気持をいだいていた。荘公が愛妻荘姜に動かされて、妾腹のかれを太子に立てようとしなかったからだ。桓公にしても荘姜の実子ではなかった。

  大夫石ジャクが、かつて荘公を諫めたことがある。

  「州吁若さまを可愛いと思し召さば、早く太子とお定めあそばされますよう。

  なかなかの兵を好まれるお生れつき。

  御猶予なさいますと、乱に及びましょう。」

  しかし、荘公は聴かなかった。石ジャクはわが子の厚が、州吁と仲よくしているのを禁ずるほどの純忠の臣であり、桓公が立つと引退した。

  州吁は桓公を亡き者にすると、何はさて諸侯の信任を得るとともに、自国の人気をかき集めようと企てた。そのためには、先君以来の怨敵である鄭国を攻めて、功名を立てるに如かずと、時、たまたま宋国と鄭国との間に紛争のあったのを利用して、衛とは仲のよい陳?蔡の両国と語らった上、四国連合に成功し、鄭国討伐の軍を起してかなりの武名をとどろかした。しかし、そうした武断攻伐の行動だけでは、なかなか民心を把握するまでには至らなかった。

  石ジャクの子、厚が、州吁を衛君として定めたい旨を父に訊したところ、石ジャクは、

  「やはり周の王家にお目見得したがよかろう。」

  「何としてお目見得できましょ?」

  「されば、陳の桓公が周の王室のお覚えもめでたい。

  陳国はわが衛とは親しい間柄なるゆえ、陳公を通じてお願いすれば、必ず事は叶うであろう。」

  厚が州吁について陳に出かけたあと、石ジャクはひそかに使を陳にやり、

  「わが衛国は、国力乏しく、かつ小生も老耄した。

  何をなす能もない。

  この二人の者は、わが桓公を弑した叛逆者。

  なにとぞ適切な御処置をお願いしたい。」

  と告げさせた。

  陳国では、さっそく二人を捕え、それぞれ立会人の差遺を衛国に請うた上、誅殺した。衛の国法を発揚せしめようとする機宜を得た処置といえよう。州吁の断罪には、右宰?醜が出向き、厚には石ジャクの家老?ドウ羊肩が立ち会った。

  以上は、?春秋左氏伝?の隱公三?四年の条に出ている物語である。君臣の大義を全うせんがためには、父子の和親をも犠牲にしなければならぬ。そこで、二心なき純臣として、史家は《大義親を滅す》と、この石ジャクを称えている。

网友关注